全体インフォメーション

ホテル山水インフォメーション

環境自主行動計画

 ホテル山水の環境自主行動計画について


環境理念
 ホテル山水は足利時代より城下町、宿場町として栄えた旧市街地で城下町のなごりを残した街並みの中にあり、創業当初より地域の一番店としてお客様に愛されてきました。茨城県の古河市は栃木県、群馬県、埼玉県4県の県境に位置し、沢山の工業団地があります。地域の企業と共に環境啓発活動に積極的に取り組みます。地球環境に優しい企業を目指し、CO2排出量を減少させ、エネルギー使用量を削減させるべく日夜取り組んでおります。      

環境基本方針
①環境に優しく自然と共生した安全なシステムを構築します。
②地球温暖化防止対策を推進し、社会への情報発信に寄与します。
③人と自然に優しい都市形成の為、みどりのカーテン啓発等の推進に寄与します。

環境負荷の低減目標
2014年を基準として2019年度までにエネルギー使用量を5%削減する。


実施対策
1.環境に優しいシステムを構築する。
  ◎高効率空調設備への更新をする。
  ◎エネルギーのみえる化を導入する。
  ◎資源ごみを分別し、資源ごみ(缶、ビン、ペットボトル、新聞、廃油等)の
   回収を徹底する。
  ◎紙等の再生利用を徹底し、ごみの減量を推進する。
  ◎社有車のハイブリッド化に努める。
  ◎アイドリングストップ運動を推進する。

2.社会への情報発信に貢献する。
  ◎省エネに関する情報を発信する。
  ◎地域社会と連携をとり、環境保全に貢献する。
  ◎古河市環境審議委員として地域への啓蒙運動に寄与します。
  ◎エコドライブを推進し、CO2削減に寄与します。

 継続的改善PDCAサイクル

  計画(Plan)→実施(Do)→点検・評価(Check)→改善(Action)